いびきをかきやすい人 家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル 斎藤淳 治療

MENU

いびきをかきやすい人は?

どういう人がいびきをかきやすいかご存じですか?


いびきは、中高年の太った男性の方が多いイメージがありますね。
実際に、いびきの3大要因と言われているのは、加齢、肥満、男性と言われていますが、最近は、若い方や女性にも以前に比べ増加傾向にあり、上気道を狭くする要因がいびきの原因になります。


また、女性の社会進出に伴い、男性と同じように働き、ストレスや生活様式などの変化も考えられるかもしれません。


そして、いびきをかきやすい人は以下のタイプです。

肥満
睡睡眠時無呼吸の方の7割が肥満と言われているほど多いですね。
食生活などの生活環境により体重が増えると、上気道にも脂肪がつき首も太くなります。

その為、上気道も狭くなり、呼吸時の空気の通りが悪くなり、いびきが起こりやすくなります。
肥満の方は、ダイエットをして、体重を減らしただけで、いびきを改善することもよくあるようです。

顎が小さい。
日本人は、欧米人に比べいびきをかきやすく睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われています。
その理由としては、肥満でなくても顎が小さいなどの骨格にあります。
特にアジア系の民族は、平たい顔も多く、下顎が小さかったり後退していると上気道はさらに狭くなります。

また、上気道の脂肪や舌、軟口蓋、扁桃などの大きさも関係しており、これらに、小さな骨格なら上気道はさらに狭くなり、いびきをかく原因にもなります。

鼻づまり
鼻づまりがあると、それだけで夜に目が覚めたり、無呼吸の原因になります。
当然、口呼吸になり、鼻呼吸に比べ呼吸の際に上気道にかかる吸気速度が速くなり、上気道が閉塞しやすくなります。

鼻づまりの原因としては鼻中隔湾曲症や蓄膿症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎などが原因にもなります。

閉経後の女性
女性ホルモンの分泌が低下してくる閉経後の女性はいびきをかく方が増えてきます。
さらに睡眠時無呼吸になる可能性が高くなるとが分かっています。

加齢
上気道の筋肉の緊張がゆる為、50歳以上になると増えてきます。

遺伝
親がいびきををかく人は、子供もいびきをかく人の割合が高いことが分かっています。
これは、骨格などの遺伝や肥満などの生活習慣の両方が影響していると考えられています。

扁桃の肥大
子供に多く見られるのは扁桃の肥大です。
健康な子供ならいびきはかきませんが、もし、いびきをかくようなら、耳鼻科で診てもらうようにすると良いでしょう。


また、現代の子供は、あまり硬いものを食べなかったりと噛む習慣が減り、顎が小さくなっていますし、子供で肥満なら、将来に無呼吸症候群になるリスクが高くなるということも言えるかもしれません。


家庭でもできるいびき改善法の公式サイトはコチラ


関連ページ

いびきの原因
いびきの原因についてまとめています。
睡眠時無呼吸症候群
いびきでも注意が必要な睡眠時無呼吸症候群についてお伝えしています。
いびきと生活習慣病の関係
このサイトは、いびきレスキューの会 斎藤淳さんの1日10分家庭でもできるいびき改善完全マニュアルの治療や口コミ、比較などを紹介しています。
いびきを枕(寝具)で軽減する
このサイトは、いびきレスキューの会 斎藤淳さんの1日10分家庭でもできるいびき改善完全マニュアルの治療や口コミ、比較などを紹介しています。
このページの先頭へ
inserted by FC2 system